自動車保険のおすすめ@安い自動車保険比較一覧

自動車保険でおすすめの商品を紹介しています。保険料の安い人気のおすすめ保険はコチラ!

おすすめの自動車保険を見つける!

青い自動車

現在、自動車保険を扱っている多くの企業のCMや広告を目にする事がありますが、ひと昔では考えられないくらいの安い掛け金で済む保険商品が多く存在します。

保険料が安い事は大変魅力的ですが、値段だけで保険料を選ぶのは大変危険であります。

自動車保険は万が一、交通事故や盗難等により人や車両に損傷をきたした時にその損害分を補償してくれるというものでありますが、その万が一の出来事というのは、滅多に起こる事はありません。

その為、保険を選ぶ際は、安い商品ばかりに目移りしがちですが、値段だけで判断してしまった事で、いざ保険を使用する事になった際、役に立たないという事も少なくありません。

契約内容によっては、事故をした際の相手の車や身体の補償は出来ても、同乗者の怪我や自分の車の損傷を補償するものが無いということにもなりかねません。

最悪のケースとして、交通事故で相手に過失があった場合、相手が無保険車両を運転していた場合、補償が受けられないという結果になります。

そして、事故というものは、車を運転している人全員に起こりうる事であります。

事故を起こしてしまった際の補償は、到底自分の手持ちのお金では賄えるものではありません。

人身事故で、後遺症を与えてしまったり、死亡させてしまった場合は億単位の賠償金の支払いになる事も珍しくありません。

ほんの僅かな確率でも起こりうる事に対して、対処できる手段は絶対に持っておかなければなりません。

起こってしまったからでは取り返しがつきません。

また、事故に必ずついてまわるのが、示談交渉というものです。

これは、加害者と被害者が直接賠償に関して話し合いをするとなると、大きな揉め事に発展しかねない為、第三者が間に入る事で、出来るだけ穏便に事を進めるという目的のもので、必要不可欠な要素であります。

保険の内容によっては示談交渉の範囲に制約があるため、保険申し込みの際は必ず確認しておきます。

万が一の事態を想定して保険は選ぶようにしたいものです。

 

自分に合った自動車保険を見つける方法とは

現在、様々な企業で多くの自動車保険を取り扱っており、その内容も充実し、保険内容もかなり種類が増えています。

そういう事もあり、自分に合った保険が見つかりにくいという悩みを持っている人もかなり多いです。

その場合は、自動車保険のパンフレットから先に目を通すのは止めておきます。

まずは、自分のカーライフを見直してみます。

運転の頻度やどの車を運転する機会があるのか、地域の天候状況、メインの使用が通勤かレジャーか等、1つ1つ確認していきます。

そうする事で、必ず押さえておかなければならない保険内容が出てきます。

例えば、仕事場で商用車に乗る機会が多い人はドライバー保険にも加入しておくようにしたり、浸水や噴火が多い地域に住んでいる人は車両保険に加入するといったものです。

あとは、現在の自分自身の状況について保険料が安くなる場合がありますので、その条件をも目に通しておいたらいいでしょう。

よく分からないという人は、自分の年齢と、免許証の色、他には所有車の低排出ガス車認定制度の認定を受けているかを確認しておきます。

低排出ガス車認定制度は国土交通省が、自動車の排出ガスから発生する有害物質の排出量が以前よりどのくらい減っているのかを星の数でランク付けしたもので、対象者は車のバックミラーに低排出ガス車と記載されたステッカーが張られていますので、一応確認しておいたらいいでしょう。

免許証の色はゴールドであればかなりの保険料が安くなりますし、年齢においては、30歳を過ぎている人は保険料が割引になる場合がある為、抜かりなくチェックしておきましょう。
 

【特典】マイカーローンについてのお得な情報:マイカーローン金利比較
 まいかーろーんで総返済額を如何にして減らすかなどの情報提供しています。